美味しいものはみんな飲み物

食いしん坊OLの旅と美味しいものの記録

【プチ秋休み14】Rodgers + Hammerstein's Cinderella in Tuacahn Amphitheatre. そして、帰国。

この日の目的地 Tuacahn Amphitheatreに到着しました。

f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004425j:image

後ろに見えるのは、赤い大地。

 

2018年のラインナップはこちら。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004445j:image

私が行った期間は以下の3作品を交互上演していました。

・Matilda

・PRINCE OF EGYPT

・Rodgers + Hammerstein's Cinderella

私が死ぬほど好きなMatildaを上演しているのですが、この日の演目はRodgers + Hammerstein's Cinderellaでした。

 

実は友人はここで3作品に出演していました。なので、友人の出演するミュージカルを観に来たわけです!(友人の往復送迎付き・さっきのご飯もごちそうになりました。)

実はCinderellaが一番人気らしく、ユタに向かう車の中でチケットの手配ができた連絡を受けていました。(よかったー!!と本人が一番安心していましたw)

もちろんチケットも無料で手配いただいたので、なんて贅沢な日。

(Matildaで友人を観られたらベストでしたが、Cinderellaのほうが大きい役だったので本人的には満足だったようですw)

しかし20時開園なのに19時半入りでいいんですって!!

 

こちらがその劇場です。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004442j:image

この劇場は完全オープンエア!!こんな素敵な環境にある劇場で観劇できるだけでも感動なのに、友人の出演作を観るという念願もかなって感極まりかけました。

用意していただいた席は、写真に写ってる芝生の手前にある席。一段高くなっているところの最前列の為、斜めですが見やすかったです。

 

開園直前の様子はこちら。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004448j:image

セットと照明の雰囲気がまた素敵・・・

友人の役どころはCinderellaの友人の革命家。そう、ディズニーのCinderellaではないのです!

女性のパワーが魅力的なCinderellaでした。王子大丈夫か?とか、Cinderellaがまさかの行動に笑いも感動もありました。

 

劇場の外には顔はめパネル。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004439j:image

もちろん、写真撮りましたよ。隣のMatidaでもw

 

終演後は出演者との記念写真も撮れていました。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004427j:image

屋外のきらめく照明の中の舞踏会のシーンも素敵だったなぁ。

 

終演後は出演していた友人と合流して、ラスベガスのホテルまで送ってもらいます。

途中見つけたドライブスルーのATM。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004430j:image

 

運転している友人からは寝ちゃっていいよ~とのことでしたが、極力起きていましたがはやり眠い。しかし友人はもっと疲れているでしょう。1日で1.5往復!

 

ラスベガスに到着したところで、直接ホテルではなくWELCOME TO Fabulous LAS VEGASサインに連れて行ってくれました!
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004437j:image

行きたかったけど、歩いていくには距離があるのでうれしかった!

記念写真は夜でうまくいかずw

この時点で24時過ぎ。

約2年ぶりに再会できた友人との楽しい時間もホテル到着で終わりを迎えます。

また、日本かアメリカかどこかで会おうね!と約束し、サヨナラしました。

この日はラスベガス泊だそうです。

 

明日は観光どうする??と言ってくれましたが、残念ながらフライトが朝7時過ぎなのです。心遣いに感謝です。

が、25時前にホテルに戻り、変える準備をします。

チェックアウトは念のため午前4時過ぎを予定です。午前4時=28時

相変わらず時間がありません。

荷造りはほぼ完了していたので、シャワーを浴びて1時間半ほど仮眠をしてチェックアウトです。

しかし午前4時でもUberがすぐにつかまるのがラスベガスのいいところ!!

余裕を持って行動していましたが、かなり余裕ができました。

 

WELCOMEサインですが、これにてラスベガスに別れを告げます。
f:id:shaking_doll_buru_buru273:20180920004433j:image

帰りはサンフランシスコで乗り継ぎ。

3泊5日の旅程で、ベッドで眠ったのは合計たったの10時間です。疲労困憊の私たちは空港ではかなり無言で、機内では熟睡でした。サンフランシスコから成田のフライトは9割は眠っていました。機内食もほぼパス。

 

これにて、3泊5日の弾丸ラスベガス旅行記は完了です!

次は夏休みの準備記から始めたいと思います。

 

 

 

全然ディズニーの記事でもないですが、ぽちっとお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓